· 

管理会計導入1~財務会計と管理会計~

現場改善

G.F.Consulting代表 上村正和
職人一筋、木工加工から精密金属加工までを経験。精密金属加工会社では工場長を務める。現在は、中小製造業を対象に現場が活きる経営のサポートを行っている。コンサルティングを中心にのべ100社の支援実績。「日本の製造業をもう一度世界一にしたい!」という想いで支援を続けている。

財務会計と管理会計の違い

業務改善、現場改善、生産性向上の支援を行っています。

町工場出身の中小企業診断士G.F.Consulting代表上村です。

 

財務会計と管理会計はどちらも会社にとって重要な会計です。

財務会計は社外向けで公開する事を前提としており、管理会計とは主に社内向けに行う会計となります。

財務会計とは

財務会計とは主に貸借対照表(B/S)、損益計算書(PL)、キャッシュフロー計算書といった外部向けの財務諸表のための会計です。

外部とは主に株主、債権者、取引先などとなります。決算後には税務署に提出する事となるため、国内のルールに準じた会計処理が必要となります。

中小企業の財務会計

中小企業では主に経理担当の方が経理ソフトで仕訳を行い、決算に合わせて財務諸表を作成します。

業種によっては月次決算等も作成しているとは思いますが、通常締め日との関係上、月次決算が完成するまでに数週間かかってしまうのが現実です。

つまり月次決算は、経営判断に使用するには出来上がるのが遅すぎるという事です。

 

そこで管理会計

管理会計は経営判断のため、各担当レベルの現状把握のため、各担当レベルの目標のため、改善の定量的把握のためなど、目的によって自由に設計する事が出来ます。

会計という言葉で紛らわしくなってしまいますが、知りたい情報を見える化する事が管理会計という事です。

つまり、管理会計の本などに載っている内容は、先人達が編み出した見える化テクニックという事になります。

重要な事は「何を知りたいのか?」「その情報は誰にとって重要なのか」「それを知ってどう活用するのか?」といった事が明確かどうかだと思います。

 

今回はこの辺で!

今後は管理会計導入へのステップなどをお伝えしていきたいと思います。