現場改善

G.F.Consultingの現場改善 3つの特徴


1.経営の強みが強化される

G.F.Consultingでは御社の強みとなるQCD(品質・コスト・納期)の改善を目的としています。強みが強化されることで売上アップへの寄与も期待できます。

2.現場に改善力が根付く

改善は維持・継続をして初めて大きな効果を得る事ができます。G.F.Consultingでは現場に改善力を根付かせる改善を行っています。

3.大きな効果が得られる

G.F.Consultingでは現場の推進力を高め、効果が期待できる原因特定を行います。

この2つがセットとなる事で改善効果を最大限に高めていくことが出来ます。


改善の流れ


現場改善
問題解決技法

問題認識と共有

問題認識では、経営者と現場のギャップを埋めて、全社一丸となって同じ問題を認識する必要があります。

 そのためにありたい姿と現場の現状についてヒアリングと改善会議を行う事で経営者と現場のギャップを埋めていきます。

問題認識と共有
問題認識と共有

原因究明

原因究明については、現場診断によって改善効果が高く、改善実施をしやすい対象業務明確にします。

 具体的にはIE手法などを用いた稼働率分析、工程分析、レイアウト分析などです。場合によっては日報や各種現場資料から診断を行うなど、現場の状況に合わせ、負担が少なくなるように現場診断を調整致します。

原因究明
原因究明

改善案の立案

 改善案の立案では、改善の骨子を作成し社内の同意を得たうえで、現場の方の意見を採用しながら、改善案を立案していきます。

 改善案にも現場の方々からの意見を入れる事で、御社ならではの工夫うが得られること、また現場の方が実際に働きやすくなるための改善へとつなげる事が出来ます。

改善案の立案
改善案の立案

改善の実施

改善の実施では全体スケジュールの作成と、改善チームの設置、運営を支援致します。

改善では上手くいかない事が多く発生します。

その際には私の現場経験と、経営コンサルタントとしての知見が大きな役割を果たします。各現場のレベルに合わせた、指導や資料を用意して、推進力を高めていきます。

改善案の実施
改善案の実施

改善効果の測定

改善効果の測定では、最終的に財務諸表に表れてきます。

具体的にどの項目に効果が表れてくるかをあらかじめ決めておくことで、効果を測定していきます。

また、売上の増減や環境の変化など、改善効果の測定に影響を与える事がありますので、工程の作業時間を測定するなどして、効果の測定も行っていきます。

改善効果を測定する事で、現場の方の改善に対する自信が出てくること、また新たな改善に取り組んでいこうというモチベーションアップにつながります。

改善効果の測定
改善効果の測定